カルムへの恋文







今日はカルムの4回目の誕生日





4年前、カルムを迎える2ヶ月前に父が他界し、その他諸々、心身ともに大変だった主①②と、苦楽を共にしてくれたカルムへ感謝の意味も込めて恋文をしたためます。










去年、大きな病気をさせてしまっただけに
無事にこの日を迎えられた事に
ただただ
感謝しかないよ






カルム(calme)=穏やか





我が家の長男というだけあり



本当は根っからの甘しゃんなのに
穏やかさと我慢強さを持つ君









時々、見せてくれる
照れ笑いが愛らしい

(photo by mbd管理人さん)






今年も
沢山、お出掛けしようね







カルムが居て
カルム家は成立する








カルムじゃなきゃ
クレルもポルトも迎えられなかったよ





カルム?




我が家に来てくれて
有難う







いつも傍に居てくれて
有難う・・・






君の笑顔を引き出す為に
主は傍に居るからね





お誕生日おめでとう


ポチッと応援お願いします
にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村




「僕ちゃん、お兄ちゃん」
1403407621913.jpg






どうしても伝えないといけない

※追記アリ

いつも優しいカルム



とある日の夕方
オシッコというよりむしろ血尿
見た瞬間、言葉が出なかった・・・
(病院へ持ち込んだシート)



慌ててて最寄りの病院へ駆け込みました。
採血・エコー諸々の検査を受け診断結果は『日射病』

これは、カルムの膀胱内にあるものをカテーテルで抜いたものです。
オシッコというより血でした。
※血が苦手な方がいらっしゃったらすみません。先生より「掛かり付けの病院へ見せれるように」と促され撮影

主①②は結石?ストレス?と、甘く見ていたのが本音です。

二日間、点滴と注射を受けて乗り切りました。
翌日のオシッコです。



今だから言える事。
今だから伝えないといけない事。
正直、 カルムが危ない状態でした。
ブログにあげる事も悩みましたが、ブログの書き手だからこそ伝えないといけない事もあると思います。


ジャックは運動を要します。
少々の運動は彼らには運動とは称しません。

しかし、この夏は暑すぎる。


カルムは血色素尿まで至り、それは内臓にもダメージを受けたからこそ排泄物が血。

それでもぐったりする事もなく・・・

幸い駆け込んだ先で、良きDrと出会い適切かつ入念なフォローをして頂いたおかげで、今のカルムが居ます。


朝から重たい内容ですが、
いつか皆さんへ、そして皆さんの愛子に細心の留意を・・・との想いでアップしました。

涼しくしていたのにな・・・
それでも起こりました。


最後に、カルムに対応して頂いた先生の言葉を寄せます。
『僕らは車の中は18度。ヒトが寒い~って位の温度設定をします。』と。
※その時のカルムの様子に対してのアドバイスです。先生方によって見解の相違があるかとは思われますので、あくまでも参考までに・・・


ヒト本位であった事に気付いた。

カルムに沢山の事教えて貰ってるね・・・
やっぱり皆に伝える事にしたよ。


いつもポチッと有り難うございます




にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ

今回、ダメ飼い主事例となるケースです。
どんな言葉も真摯に受け止めます。

ただ、お願いしたいのです。
『気を付けてあげて欲しい』
ただ、それだけです。

我が家で起きてしまった・起こしてしまった事は、まだまだ暑いこの時期、皆さんの愛子にも起こり得る事であると言う事を・・・


どうか、どうか
願いを込めて・・・。


※不調時から、既に時間は経過しておりカルムは元気に過ごしておりますので、ご安心下さい。


カルちゃん走ってみる



右下肢の腫れも軽減されていたので、ちょっとだけ広場で走ってみました(^^)




頃合いが難しいので、主①の近くでボール遊び


ヤキモチを焼いても大変なので、クレルも近くでね(^^)





やっぱり





広場は気持ちいいね(*´-`)




「僕も撫でられて気持ち良かったよ♪」





いつもポチッと有り難うございます



にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ




最近のカルちゃん



タイトル通り




最近のカルちゃんは





クレルとポルトの取組中、仲裁に入るようになりました(^^)

「けんかするなー」




ロープという武器を持ち出す妹
庇ってもらったはずのポルトは、もう知らんぷり(>_<)




仲裁・・・







しているはたから




この取組・・・




話は変わって・・・



昨日のパトロール散歩


ここら辺からカルちゃんの右下肢の異常(何か腫れている?)を感じる。
痛がる風もびっこを引く風もない。
前を歩かせて後ろから見ると、どうも左右差がある。
丁度、帰宅途中だった主②に拾ってもらい病院へ・・・




先生の前で病院駐車場をグルグル歩き確認・・・
採血・レントゲン共に異常はないけど、念の為、2週間は安静に・・・(2~3日で腫れが引くようであれば普段通りで良い)との所見。

2週間安静で、変わらないようであればCTとMRI検査




先生が大切な事を仰っていたのでここに記します。


「毎日、触って確めて下さいね。」



当たり前の事ですが、重みのある言葉。


落ち着いてくれればいいな・・・



「僕ちゃん安静って」



いつもポチッと有り難うございます



にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ




♪Happy Birthday カルム♪


~穏やかな凪の如く、いつでも平穏でありますように~


初めましてカルム
正面の子がカルムです
F1010002.jpg


「この子は甘しゃんよ~!」
そう言われて迎えたカルム
F1010001.jpg


逢いに行った時は主②の膝でグーグー寝てたね

主②が「絶対この子!」と君しか見ていなかったのを鮮明に覚えています
F1010265.jpg


正直・・・
かなり・・・
夜鳴きがひどかった
F1010232.jpg

3日・・・
1週間・・・
10日・・・
2週間・・・
(以降も続く・・・)
それはそれはひどい夜鳴き


「この子は甘しゃんよ~!」
確かにそうだな・・・


その頃、まだ主①のみだったので
ほとんど赤子と変わらない2~3時間起きに目覚める生活



今となると『あんな事もあったな』と、思い出ですが
本当にひどい夜鳴きだった・・・

あの手この手
それでも変わらず

対策として少しだけ効果があったのは『ラジオ』でした




悪戯が過ぎて怒られても
1404776461017.jpg



可愛くて仕方ない
F1010243.jpg



この頃、お気に入りだった微妙なオウムさん
F1010217.jpg


やはり
手枕は兄妹同じだね
F1010065.jpg



カルムの性格を考えるとクレルを迎える事を本当に考えたよ
カルムも一緒にクレルに逢いに行ったよね
あの時、カルムが関心を示さなかったらクレルを迎えるのを止めていた

けど、犬舎に戻って行くクレルを探していた姿を見て

『カルムならきっと大丈夫』って思ったんだ


カルムの穏やかさと優しさでいい兄妹となれました
1406672559114.jpg


そんなカルムだからこそ、初めからクレルも甘えられたんだと思うよ
1408183436188.jpg


海が大好きなカルム
これからもいっぱい遊びに行こうな
1408782445890.jpg



IMGP1400_convert_20140818195905.jpg



カルム=Calme=穏やか
あなたの名前は『穏やかで優しい子になって欲しい』との願いで主②と名付けました


カルムを迎える約3か月前に父が他界・現新規事業の立ち上げなど目まぐるしい生活で心身共に大変だったあの頃・・・


カルムが居てくれたから乗り越えられた
いつもカルムが支えてくれた


カルムには感謝しても全然足りない位
本当に救われたよ


カルム?


有難う


そして


おめでとう
F1010021.jpg


君は自慢の息子です


大変な時期を共に乗り越え、一番近くで支えてくれたカルム


いつまでもいい相棒で居て下さい




いつもポチッと有り難うございます
当時、ガラケーだったので今回の写真が見づらくすみませんm(__)m




にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ